2015年6月28日 大雨

20150628.jpg久ぶりにマリーナに来ましたが、三浦半島だけ大雨になったようです。

2014年9月20日 またまた久しぶり



久しぶりに船のエンジンをかけに来ました。エンジンは好調です。さすがホンダエンジン。
しかし、船体にはおそらく史上最悪の貝、海藻が付いていました。今日はあれはたぶん牡蠣だと思う。食べます?私は食べません。
一度上架しないとダメだわ。。。

2011年10月23日 型番メモ

20101023.jpg
 ワイパーのゴムが劣化していたので、取り換えようとしたのですが、どうやら誤った形のものを買って行ってしまったようです。
 帰りにイエローハットで写真のものを買っておきました。次回取り替えます。

2011年8月13日 もやい祭り

20110813.jpg マリーナ主催のオーナーズイベントで、もやい祭りがありました。もやい祭りは、ボートを係留するときなどに使用するもやいロープが古くなって交換したものに感謝するお祭りです。
 もやい祭りではショーイベントも盛りだくさんですが、最後はやはりこれ。花火大会です。
 打ち上げ数こそ300で、街の花火大会には及びませんが、なにより空いているし、大迫力をすぐそばで楽しめて、濃縮されていて十分楽しめます。
 今年の日本はすでにこのお盆までにいろいろな出来事があって、大音響と真上で大きく花開く花火には感慨深くこころに染み入るものがありました。

2011年5月28日 梅雨入り

20110528.jpg
 28日は上架して船底塗装の予定でしたが、雨が強く断念しました。なんだかんだと言ってるうちに梅雨入りしてしまい、時期が遅くなってしまいました。
 梅雨明けに再度上架予約し直して、今日はおしまい。

2011年2月26日 春直前!

20110226.jpg たまに冷え込むものの、少しずつ陽射しに暖かさを感じるようになってきました。春ももう少しでしょうか?
 ちょっとおでかけしようかと思っていましたが、明日、出勤しないといけないことを思いだし、先週に引き続き、今日土曜のうちに、メンテナンスの残りをやってしまうことにしました。
 陽は落ちてしまいましたが、真冬と違って、寒さもそれほど感じなくなってきました。

2011年1月 2日 まもなく帰国

20110102.jpg
 2年前の2009年1月1日 千葉県の鴨川を出港して2年、寛平さんがついに福岡に戻ってきます。
 ヨットと自らの脚で地球を一周。凄い!としか言いようのない偉業です。
 現在地はこの上図のとおり。中国、青島から福岡に向けて航海中です。
 この航海、比企さんのヨット「エオラス」でないのが少し残念ですが、季節風の強いこの時期ですから安全第一。あぁ、福岡に行きたーい!
 ゴールは大阪。到着は2011年1月21日(金)とのことです。

2010年9月23日 更新講習

 船舶免許の更新に麹町の海事センタービルに来ています。
 5年に一度なのでうっかり忘れてしまいそうでした。
 これで3回目の更新になりますが、また次回の更新まで事故を起こさぬよう注意していきたいと思います。
 さて、そろそろ講習が始まります。まずはうとうとしないように要注意…。

2010年4月19日 人員募集!(関係者限定)

20100417.jpg
 春の・・・と言いたいところですが、今年は少し予定より遅れ6月5日(土)朝9:00上架、6日(日)夕方16:30下架予定で朋友丸の整備です。
 朋友の皆さま、どうぞ船底塗装の手伝いに来てください(^。^)。
 報酬はありません(笑)が、昼食(飲める方には生ビール付)、一日駐車券進呈です。ワタシと同方向の方は送迎付き。
 道具は全て用意がありますので手ぶらでOK、良い汗かきに来てくださいねー。

2009年11月23日 エンジン快調

20091123.jpg ご無沙汰してしまったマリーナに久しぶりに行ってきました。
 本日も、もやいの点検とエンジン回しのみですが、エンジンを吹かしている時に検水口の詰まりも取れたようでスカッと良くなりました。
 検水部分だけの詰まりとはいえ、ここがチョボチョボだとやはり気持ちが良くないのでスッキリしました。なかなか出航不精になっていますが、これはこれでマリーナライフだったりして、浮かんでいるだけでも気持ちはちょっと違います。

2009年10月 8日 台風18号接近中

20091007.jpg マリーナに行って"増もやい"をしたりその他の荒天チェックをしてきました。日にち変わっちゃって眠いです。
 かつて大きな被害を受けた伊勢湾台風に似ている強い台風ということで、少しでも被害を受けない、また他船に与えないためです。
 所詮、人間の力なんて自然の力には及ばないので普段からしっかりやってはいるものの、それでもいつにも増して警戒が必要です。
 今、家の外は雨が吹きつけるようになってきましたが、マリーナに行った時にはほとんど降っていなくて嵐の前の静けさのような感じでした。それでも防波堤の中とはいえ既にうねりも入っていて、桟橋もグラリグラリと揺れ不気味な感じでしたね。
 それにしても、なぜか北風が強いです。マリーナの天候はインターネットを使って家でもわかるのですが、今もまだ強い北風ですね。台風はどこを通ろうとしているのでしょう。。。

2009年9月22日 新企画

テスト航跡 出航した時、もちろんワタシは自分が今どこにいるかわかっているし、万一トラブルが起きたら、今ならどこの港が近いか考えながら舵を握っているわけです。
 でも、ゲストの方は楽しい一日が終わって、それはそれで良いのですが、今日、自分はどこにいたんだろう?ってわからないと何か気持ち悪くありません?
 そんなことで、航海日誌に航跡図を載せてみるのはどうかな?と思って新企画のテスト。
 予備で持ってる携帯式のGPSがあるのですが、接続ケーブルだけ調達しておいたので、うちに帰ってからPCに繋げ、PCに入れたアトラスの地図の上に航跡を表示してみました。家のPCには電子海図もあるのですが、この企画の場合は普通の地図のがわかりやすいかもね。
 今日はテストで車で走ってる時に航跡を採ってみました。まずまずかな?

2009年8月17日 祝!大西洋横断


 寛平さん比企さん、ヨット「AEOLUS」で大西洋を横断。フランス、ルアーブルのLE HAVRE PLAISANCE に日本時間2009年8月17日(月)16時26分に到着されました。
 やっと…か、もう・・・か、わからなくなってきましたが、お正月に出港して今はもうフランスなんですね。とにもかくにもご無事でなによりです。
 寛平さんはこれからユーラシア大陸を大横断。再び超長距離ランニングの始まり。体には十分気をつけて頂きたいと思います。

2009年8月15日 残280マイル


 大西洋をヨットAEOLUSで横断中の寛平さん比企さん。フランスルアーブルまであと約280海里。近日到着の地点まで来ました。
 最後でコケないように気をつけて航海されてください。

2009年8月 8日 夏の夕暮れ

20090808.jpg
 曇り、風速2m、でも波高は2mから1.5mでうねりを伴う。。。という天気予報だったんですが、久里浜、金田湾までなら波もそれほど高くなくて、概ね典型的な夏の天気の一日になって、暑いけど気持ちの良い汗をかきました。最近、風や雨ばかりでヘンな天気でしたからね。
 いい天気だった夏の日の夕暮れ。まだ少し湿度が高いようですが、それでも夕焼けの頃になると、まーったり、のーんびり・・・しちゃいます。最近、マリーナに遅くまでいることが多くなりました。この時が一番好きな時間。

2009年7月29日 真裏到達


 アースマラソンに挑戦中の寛平さん、比企さん。日本時間7月28日17時36分にN38.42 W44.3に位置し、スタート地点である大阪の真裏に到達。
 半分・・・といってもここから半分がまた大変ですが、お二人のご安航を引き続きお祈りいたします。
 写真は地球の北極点上空から見たもの。下が日本、真上が現在位置になります。わかります?

2009年7月28日 ホーン交換要

20090727.jpg 先日7月20日に航行中、当船と同じくプレジャーボートであるクルーザーが左方向から接近していました。進路、船速ともに何十秒後には衝突するコースに入っていたので注意していたのですが、「海上衝突予防法」上ではこちらが保持船、つまり針路、船速ともに保持しなければならない位置関係でした。
 しかし、回避行動を取らねばならない避行船であるそのクルーザーには回避行動が感じられません。そうなってくると、いくらこちらに優先権があるといっても、こちらを認識していない恐れもあり万一のことを考えねばなりません。
 そこで、相手船が何考えているか不明の時、疑問信号を発するわけです(短音5回を2回 長音数回) 。
 ・・・が、あれ?音出ない。あー、またいかれちまった。
 当船は単なる小型船なので、汽笛なんてものではなくて、車と同じように電気で音が出るホーン。これが潮風やら塩水ですぐイカレちゃうのです。ハモニカみたいな薄い金属板が音を出すのですが、こんなのは塩であっという間にダメになっちゃう。前回は航海日誌を調べると2006/3に交換しているが、これは消耗品だとあきらめてます。
 さて、避行動作をいっこうに開始しない当のクルーザーですが、そのまままっすぐ当船の直前を左から右へ派手な波しぶきを上げながら通過して行きました。フライブリッジ(キャビンの屋上に操舵席があるやつ)で操船しているやつが良く見えました。
 こちらが減速したから良かったようなものの、どこの世界にも大馬鹿野郎がいるものです。そんなことにでもあわてずスムーズに対応できるように常に周囲に注意を払わないといけませんね。
 波しぶきを上げて他船のそばを走ることだけでも十分海の馬鹿野郎要件を満たしているのですが、そんなことがカッコ良いんでしょうかねぇ。単純にルール知らずマナー知らずの恥知らず。恥ずかしいと思え!って感じです。
 ともあれ、週末はホーンを交換しなきゃ。

2009年7月26日 強風

20090726.JPG マリーナは本日強風のため赤旗(全船出港禁止)でした。強制力はありませんが、もちろんこんな時に出て行って楽しいはずがありません。残念。
 そんなことで、風は強いのですが、陽射しの強い一日。とりあえずエンジンだけ回してきました。
 補機はひさしぶりになってしまいましたが絶好調。途中で燃料コックを閉めてエンジン内に燃料を残さないようにして自然停止、そのあと水道ホースをつないで清水洗浄して終了。
 ちょっと心配なのが主機。検水吐出がなんか弱々しい。詰まっているわけではなさそうですが、春のメンテナンスではサーモスタットも交換しているし、なんでだろう?ちょっと後日業者の方に相談してみようと思います。
 それにしても、不安定な天候。今日は暑い一日になりましたが、お日様の下で汗をかくのはいい気持ちです。夏の安定した気候はまだ先でしょうか?がんばれ太平洋高気圧!

2009年7月20日 ヨット

20090720.jpg ヨットというと帆船を思い浮かべてしまう方が多いでしょうが、単にyachtと言うとレジャーボート全部がその意味に入ります。いわゆるsailling yacht、sailling cruiser、あるいはsailboatというのが帆の船になりますね。
 エンジンが主動力のやつはsailingという言葉がmotorに置き換わります。後に写ってるのはモーターヨットと言っていいでしょうね。
 で、話を戻しますが、特に1~2人乗りのsailbortのことをdinghy(ディンギー)と言います。
 今日、マリーナではディンギー教室が開催されていました。ゲストバース横のちょっとした海面をクルクル回っていましたが、めっちゃ楽しそうでした。
 今日の横浜はsailbortにはちょうど良い風が吹いていたのですが、風の力ってすごいですね。2人乗せてスイスイ走っていました。ディンギーはセールボートの基本なんでしょうね。こんな船に小さい頃から慣れ親しみ風を掴んで乗りこなせるなんて羨ましい!

2009年7月16日 東進!


 日本時間15日午前0時、ニューヨーク・ノースコーブをフランス・ルアーブル港に向けて出航したAEOLUS、ほぼ1日経過し再び大西洋の海の上に青い印の現在位置を記入しました。どんな海なのでしょう。これから約1カ月間の大西洋横断の成功をお祈りしております。なお、地図上の日時は日本時間です。

2009年7月 1日 もうじきN.Y.


 日本時間で7月10日朝にニューヨークに到着、アメリカ横断した寛平さん。いやぁ、もう凄いとしか言いようがないですね。
 でもアースマラソンはまだ途中。次に目指すは再び比企さんのヨット「AEOLUS」で大西洋を横断フランス・ルアーブルまで。約7,000km、3,000海里以上あります。
 見たこともない大西洋ですが、来週にも出港とのことですのでお二人のご安航をお祈りします。

2009年5月31日 今日もウダウダ


 天気悪いですね。今日もまた雨が降り始めています。この休日、まだどうも体の調子がイマイチでウダウダしています。
 そんな中、寛平さんはまもなくシカゴ。まったくなんて人でしょう。毎日、何十キロもマラソンして、日本でいえばもう既に稚内から沖縄まで走っていったような距離。。。凄すぎる。

2009年5月10日 夜中に凹

20090509.jpg 昨日は2カ月前に予約しておいた上架。運良く晴天に恵まれて船底塗装の作業も効率よく進んでラッキーでした。きれいに塗れて良かった。
 ・・・そうそう、Blog書いている途中でした。家に帰ってソファーでうっかり寝てしまい、あまり楽しくない夢を見て今目覚めました。夢の内容はあまりに具体的過ぎるので書けないけど、今結構凹んでます。
 夢みて凹むのもおかしいですね。「なんだ夢でよかった」で済ませたいけど、「ホントの話じゃん!」という現実とさほど変わらぬ内容!?で改めて現実を認識させられたような話。まぁ、「何やってんだ俺、いったいなんでこんな人生なんだ?」みたいな話です。なんか辛くなってきちゃったな。なんかさみしいね。

2009年5月 6日 睡眠十分


 大型連休最終日(NHKではゴールデンウィークとは言わないんですね)。休みはあっと言う間におしまい。で、道は混んでるし天気は悪いし特別用事はないしということで家でまったり。
 明日は早起きしないといけないわけですが・・・昼寝しちゃった。しかも、薄寒かったのでベッドに入ってガッツリ寝てしもうた。今夜寝られるだろうか・・・。
 今日は家にいたので特にこれといった写真がないのでアースマラソンの寛平さんの現在地。全体が見えるように北極を手前に地球を傾けてみました。

2009年4月18日 がんばれ寛平さん


 鴨川を出港してから3.5ヶ月。エオラスで太平洋を東進してロスに着き、比企さんと一旦別れてから1ヶ月ですね。ロスから直線距離で1,000Kmを超えて寛平さんは現在ロッキー山脈。これから山越えするところだそうです。しかし、本当にアメリカ大陸はすごく広いですねぇ・・・。
 そこを走って行く人はもっとすごいかも!

2009年4月 4日 航行警報

 巷を騒がせています「人工衛星」打ち上げ予告にともなう航行警報が出ております。【→コレ
 もっとも、航行警報自体は珍しいものではなく、いろいろな理由により、特に射撃訓練なんてのはあっちこっちでやっているため毎日たくさん出てます。【→コレ
 人工衛星やミサイル演習。どっちでも同じですが、あっちの国はやってもいいけど、こっちの国はやっちゃいけない。とは言いづらいような気もします。でも、他国の低高度上に飛ばすなんてのは、国際的に・・・というか単純に非常識な話です。

2009年3月23日 寛平さんのその後・・・


 日本時間3月11日朝7:12にL.A.に到着したあと、その後寛平さんはエオラスを降りてN.Y.に向けてランニング中。地図で見るとアメリカはやっぱり広いですね…。太平洋上に白の横線で100Kmの長さの線を描いてみましたがわかります?。距離感がワタシにはよくわかりません!?
 夏に大西洋をポルトガルの首都リスボンまで北寄りの大圏航路を渡るために、この時期に冬の太平洋に出たわけですが、N.Y.への到着はやはり予定通り夏頃になるんですね。

2009年3月15日 ボートショー最終日

20090315.jpg
 今日はジャパンインターナショナルボートショー2009イン横浜の最終日でしたが、ステージイベントのひとつに気象予報士の馬場正彦さんの「海の風を学ぶ」の講演がありました。
 馬場さんといえば、寛平さんのアースマラソンでも、比企さんのエオラスをサポートする一人で、そのBlogにも度々登場するあの馬場さんです。
 ご自身もヨットマンであることから、一般の予報より一歩踏み込んでヨット、ボート向けの気象予報を提供されています。今日の講演も予定の45分ではちょっと物足りなかったくらいでしたが、それでもかなり熱の入った講演でした。

2009年3月11日 ランドフォー!


「陸が見えたぞー!」
 元旦に鴨川を出港。一旦千倉漁港に避行しましたが、1/3に再出発。危険の多いこの時期の太平洋を超えて、エオラスついにロサンゼルスに入港。入国税関審査手続きのため一旦湾内にアンカリングで停泊したとのことです。すごいですねー!やりましたねー!!涙でちゃうねー!
 まずは、おめでとうございます!

2009年3月 8日 まもなくロス


 比企さん寛平さん、まもなくロサンゼルス。直線距離であと約500Km。
Blogを拝見していると風向きが悪くて苦労されているようですが、今週中にはロングビーチに着きそうですね。でも、陸が近いので
ここからは要注意。慎重に安全第一で進めていただければと思います。

2009年3月 7日 うちあわせ

20090307.jpg 久しぶりの晴れ間で気持ちのいい一日でしたね。明日はまた崩れてしまう天気のようで残念ですが、いかにも春寸前って感じです。
 例年ならこの時期は冬のメンテンスを終えてた頃でしたが、まだ船底に貝も着いていないし、横浜ベイサイドマリーナに移ってからは船底塗装とあわせて春にやることにしました。
 既にオイルフィルター交換など小さいものは自分で済ませましたが、今日はその春にやるメンテナンスの業者さんと軽く打ち合わせしてきました。新しい主治医の先生ということになりますかね。いつも決まった主治医の先生がいた方が安心だと思うわけで、定期点検をおまかせしようと思います。法定でありませんが、1年に1度はプロの方にみて頂いてるのです。
 もちろん自分でできることは日頃から注意しないといけないし、簡単なことは自分で対応できないといけないと思いますが、もし、致命的なトラブルが発生してしまったとしたら、それほどのものは海上で自分で治せるとは思えないので予備を用意しておくか、発生しないように予防することのが現実的だと思うからです。

2009年3月 1日 どんより・・・


 このところの関東地方はどんよりとした天気が続いてお日様がなかなか顔を出してくれません。今日も薄寒いです。
 ところで、比企さん、寛平さんの乗ったエオラス号はロサンゼルスまであと1500kmの地点。海里で言えば1000nmを切りました。もう一息です。がんばれ!

2009年2月15日 Earth-Marathon


比企さん寛平さん、ロサンゼルスまであと3,500kmくらいですね!
写真は、日本が見づらくらくなってきたので、地球をちょっと手前に傾けてみました。

2009年1月28日 がんばれ比企さん!寛平さん!


 まもなく日付変更線を越え「昨日」のエリアに入るんですね。日付変更線を西から東へ跨ぐと「昨日」になります。この感覚がどうにも自分にはわかりづらいですが、時に自然と戦い、時に自然と折り合いをつけながら大海原を切り拓いて進んでいます。がんばれ比企さん!寛平さん!
 このBlogと朋友広場の右側メニューに応援バナーを貼らせて頂きました。

2009年1月19日 アースマラソン

 みのさんの同級生比企さんのヨットAEOLUS(エオラス)号が寛平さんとともに太平洋を横断中です。というか、寛平さんのランニングとあわせて地球一周の予定です。出港してから毎日グーグルアースに印をつけるのがワタシの日課になってしまいました。
 「いやぁ、もうすごいな」としか言いようがありませんが、大海原でふたりぽっちの比企さん寛平さんには応援することしかできませんが、きっとそれはとても心強いものになると思います。応援してます!
PC版公式Blogはこちら モバイル版はこちらです。

2009年1月 3日 お、おもい・・・

20090103.jpg 真冬の時期はいろいろ整備をするんですが、今日はふたつのバッテリーのうちひとつを持って帰ってきました。残してきたやつは、船を買った時以来なので買い換えるつもりですが、ソーラーチャージャーのおかげか常用としてまだ使えています。でも、さすがに8年も使い続けているので今年は換えておこうと思います。何かあってからでは遅いですからね。
 で、持ち帰ってきた非常用のやつですが、たまには家の100Vから専用の充電器で充電です。エンジンの発電では満充電にはなりませんので。。。
 しかし、このバッテリーひとつ23.5Kgあります。うっかりすると腰を痛めちゃう重さでかなり重いです。2っで小柄な女性分くらいあるのかな?
 でも、今のワタシの体重から23.5Kg引くと、BMI上で理想体重になります。ワタシいつもこんな重いの持ち歩いてるわけね。。。

2008年12月23日 イルミネーションパレード

20081223b.jpg
 今日はクリスマスイブイブですが天皇誕生日で祝日。マリーナではイルミネーションパレードがありました。
 不景気とはいえ灯りは明るい方が気分も晴れますね。イルミネーションは街中にも数々ありますが、動くイルミネーションも良いです。
 さて、今年の優勝艇は?

2008年12月13日 華やかに

20081213.jpg 夜景の写真が続きますが、23日のイルミネーションパレードに向けて、飾り立てる船が増えてきました。

2008年12月 7日 サンタクロースがやってきた

20081207.jpg 17時ころになるとすっかり暗くなってしまうので、そろそろ帰る時間ですが、ちょうどサンタボートが出てきました。
 この時期、マリーナ内の海面をアウトレットのお客さんに手を振りながらやってきます。結構派手な電飾です。トナカイも一緒にボートに乗っちゃってます。
 写真は一時係留桟橋に着いたボートを後ろから撮りましたが、この時サンタクロースさんとトナカイさんは陸にあがって子供たちにプレゼントを配っていました。結構長い行列になってました。

2008年11月 9日 秋の船底塗装講習会

20081109.jpg
 秋の船底塗装講習会に参加してきました。横浜ベイサイドマリーナでは様々な講習会が度々催されています。前回のFRP修理講習会は仕事で行けなくて、今回ようやく初参加となりました。
 今日は船底塗装もなるべく自分でできるようにと参加しました。教科書的な読み物を読んでみても、やっぱり実践が大事ですからね。
 船底塗料のトップメーカー中国塗料(株)の方が講師で、直接色々な話が聞けました。前半は学科。塗料といっても実態は防汚のための「薬」であり、それが効く仕掛けや効能!?、効き目の持続時間、効果の高い塗り方などを教わりました。
 後半は実践。ワタシは最初からやってみたかったのですが、時間の関係である程度準備済みだったのが少し残念でした。でも、オフィシャルボートのベイサイド3を一回塗って経験できたことは大きな収穫。注意事項などもたくさん聞けて、時間が許せば次回は自分のボートを自分で塗りたいと思います。

2008年10月26日 のんびりお昼

20081026.jpg
 今日は釣りの途中で風波が激しくなってきたのでお昼にはマリーナに戻ってお弁当。天気がイマイチということもあるんでしょうが、今日のマリーナやアウトレットは若干人が少ないようです。
 一時係留桟橋もガラガラでしたので、センターハウスの目の前に係留。休日には大人数で船上バーベキューをする大型クルーザーも多い場所ですが、小型船でコンビニ弁当でも十分のんびりとくつろげる場所です。
 釣りだけが海の楽しみ方ではないですね。

2008年10月12日 エンデバー出航

ENDEAVOUR.jpg 先日からマリーナに寄航しているイギリスのヨット、ENDEAVOUR号が、観音崎沖で釣りをしていたワタシたちの横を通って、東京湾外に向けて通過していきました。
 デカいヨットです。マストの高さは50mを超えます。小さいボートでさえ狭い水域では難儀しているワタシですが、こんなデカいヨットを操って世界を周るんですから、クルーもそのチームワークも超一流なのでしょうね。

2008年9月20日 夜のマリーナ

20080920.jpg
 台風は無事に通過し青空が広がりました。マリーナはいつも通りですが少しうねりが残っています。普段からもやいはダブルラインで取っているので大丈夫かとは思っていましたが、場合によっては荒天対策のためにもやいを増やしに行こうと思っていました。でも、台風はあっという間に通過してしまいました。
 今日は結果的に台風後の点検と、バース変更の手続きをしました。最初は便利と思った場所でしたが、通路の桟橋まであまりに近過ぎるのと、反対側に係留している方の船がかなり水路にはみ出しているので、少しでも風があると船体が振られてあっという間に接近してしまい回頭できないのでした。
 そんなことで、相談したら変更手続きができることになり、さっそく変更しました。今日はうねりもあったので動かしませんでしたが、すぐ近くのバースにお引越しの予定です。よかったよかった。

2008年7月19日 夜のマリーナ

20080719.jpg
 横浜ベイサイドマリーナはカードを持っていると24時間出入りができるので結構のんびりしちゃいます。営業時間を気にする必要がないし、焦って片付ける必要がないので、のんびりでいいし、しかも首都高速の出入口にも近くて早く家に着いちゃうし。。。
 で、日中は暑かったものでアウトレットでお茶して、夕方になったてから動きだしました。でも、ひとりでのんびりしていたら日が暮れてしまいました。
 夜のマリーナもイイです。

2008年7月17日 書き換え完了

20080717.jpg 船舶検査証書の書き換え完了しました。船籍港又は定係港の欄が神奈川県横浜市になりましたね。
 それだけっちゃそれだけなんですが、手数料が少々必要です。¥2950円でした。定係港の変更だけなら船舶検査証書と検査手帳、小型船舶登録事項通知書をいっしょに提出すると、書き換えも2950円で済みます。
 船舶関係の手続きって時間がかかるのが当たり前と思っていましたが、郵送してから3日目に書き換わって返ってきました。意外と早いんだと少し驚きました。

2008年7月14日 ちょっと郵便局へ

 定係港の変更のため、変更届けと手数料払込証明と船舶検査証と登録事項通知書を検査機構に送ってきます。字が汚ねぇな…
 船籍港の欄が神奈川県三浦市から神奈川県横浜市に書き換えるだけなので、船舶番号などは変わりませんが、いろいろ大変だなぁ。

2008年7月 7日 いろんな出会い

20080707.jpg
 今日もヘンな天気のマリーナです。沖側から撮ってみました。建物はほとんどアウトレットの建物ですが、おしゃれですね。
 さすがにこのマリーナのスタッフの方はたくさんいらっしゃるのですが、出会う方みなさん親切です。行く度にいろいろアドバイスをしてくださいます。責任はもちろん当方ですが、海は経験がモノを言うので、先輩諸氏や地元の方の話はきちんと耳を傾けるべきですね。
 今日は、「ここのマリーナの場合は北東の風対策はしっかり!」と教わりました。海上係留ですから当船も何本かのもやいをとっていますが、一本一本に役割があって意味の無いもやいロープはありません。もやい方にも数々の先輩の経験があるわけですね。
 昨日の片付けの続きと、もやいロープをよく確認してきました。うちから1時間とマリーナが近くなったので便利です。

2008年7月 6日 横浜到着

20080706.jpg やってきました横浜ベイサイドマリーナ。都会です。めちゃ都会です。のんびりした田舎から都会に出てきた気分です。オドオド戸惑っております。まわりの船も多いし大きいし。。。慣れるまでゲストは乗せられないなぁ、しばらく黒ちゃん船長と周辺探査や試運転ということにするか・・・なんて思ってます。
 写真はYBMにそろりそろりと入ってきた第三十六朋友丸。

2008年6月29日 黒ちゃん船長登場

20080629.jpg
 今日のピアハウス屋上の国際信号旗はUW。ご安航を祈るの意味です。黒ちゃん船長、小型船舶二級に見事一発合格で免状を取得しました。おめでとうございます!
 で、マリーナの手続きを済ませまして、黒ちゃん船長に当船の正規のクルー資格が付与されましたのでお知らせします。これからは私漁労長船長便と黒ちゃん船長便のそれぞれが安全で楽しい休日が過ごせるよう期待したいと思います。二級は相模湾のド真ん中とか大島までは行けませんが、私たちがやる沿岸の釣りはほとんど網羅できるので十分楽しい釣行ができると思います。楽しみですね。
 今日もあいにくの天候になってしまい回航は見送りました。次週には回航したいと思います。今日はマリーナで黒ちゃん船長のクルー手続きと、船底塗装の段取りの相談をしてきました。

2008年6月22日 雨の横浜ベイサイドマリーナ

20080622.jpg 雨の横浜ベイサイドマリーナに来ています。今日は濃霧のためイエローフラッグが掲揚されています。
 このたび、城ケ島のマリーナ閉鎖に伴いまして、定係港を横浜ベイサイドマリーナに移すことになりました。
 城ケ島は非常に恵まれたところで名残り惜しいのですが、お世話になりました皆様に心から感謝申し上げるとともに、海で出会いましたらぜひお声掛け頂ければと思います。
 横浜ベイサイドマリーナは、都会的な場所で人も多く戸惑ってしまいますがご指導頂ければ幸いです。
 城ケ島生まれの第三十六朋友丸は、近日横浜ベイサイドマリーナに回航致します。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2008年6月15日 見慣れた景色

20080615.jpg とても見慣れた光景で、自分の隠れ家的エリアのここ城ケ島なんですが、残念ながらまもなく見納め。お世話になってきたマリーナを離れることになりました。
 いろいろ楽しい思い出がたくさんあって涙が出そう。とにかく残念でなりませんが、それでも前に進まにゃなりません。
 一時は手放すことも考えましたが、黒ちゃん船長がいよいよ免許を取るということなので、二人で費用折半共同利用という形で、別のマリーナに移ることになりました。とりあえず宝物は維持できそうです。
 ここ城ケ島も開発が進んでまた形を変えてしまうかもしれませんが、いつか戻ってこれたらいいな、なんて思います。近隣の船長さん達とも「いつか海で会ったら声かけてね」なんて会話をして帰ってきましたが、三崎港うらりで同窓会なんてのもやりたいな、なんて思います。形は変わっても海の仲間ですからね。

2008年4月 6日 春の城ケ島

20080406.jpg
 城ケ島は水がきれいです。東京からもほんの少ししか離れていませんが、マリーナ前の水は透明です。自分の影が水底に写ってますね。
 季節は本格的な春になってきて、日中は作業をしてるとシャツ一枚でも十分です。そろそろ沖へ出よう。

2008年3月 8日 秋葉原 in 横浜

 はい、こちら横浜のボートショー会場です。最近、ボートショーなのにあまりボートが無くてさみしい限りです。
「こんな船、誰が買えるんじゃ!」なんてやつはすっかり影を潜めてしまい、少し夢が足りません。まぁ、ワタシも買い物は船体洗いの洗剤くらいしか買ってませんが。。。
 反対に増殖してるのが、キャンギャル狙いのおたくカメラマン。ものスゴいレンズを付けた一眼レフを持ってそんなに接近してどーすんでしょ。キモっ!潮の匂いがしないボートショーでした。

2008年2月16日 ボートショー近し・・・

20080216.jpg
 写真は昨年のものですが、今年もボートショーが近づいてきました。横浜は3月6~9日、関西は3月21~23日ですが、ワタシは買い出しも兼ねて半日くらいぶらぶらしてくる予定です。たのしみです。

ジャパンインターナショナルボートショー2008in横浜

関西国際ボートショー2008

2007年11月14日 芸術品!?

20071114.jpg また、日付変わってしもた。
 さて、船にはマリンVHF無線機を載せているので、特定船舶局として船が無線局としての扱いにもなっているんですが、まもなく開局から5年経過するので再免許手続きのご案内が協会から届きました。
 ということで、昼時に久しぶりに自前で収入印紙を買い出し。200円は良くみるけど、3,350円分買ったら見慣れないやつが3種類。コレクションしたくなるよなきれいな出来なんですねー。





2007年8月18日 おそうじ

20070818.jpg 夕べは仕事に少々トラブル発生。出来るだけのことはしようと対応が深夜にまで及んだものの、システムの夜間バッチ処理終了待ちとなったため、一度帰って午前4時に再集合。朝7時に仕事を終えてその足でマリーナに向かいました。
 しかし、少し仮眠はとってはおいたものの、横浜新道保土ヶ谷PAまで来てあえなくダウン。そこで爆睡してしまいマリーナ到着がまた昼になりました(^^ゞ。
 それにしても、海に来るだけでもまた気分転換になるものですが、そろそろ本気で釣りで出船したいですね。 確か以前500円くらいで買った本船常備の手動かき氷マシン。熱射病になりそうな真夏の船上ではカキ氷がとってもウマイ。きれいに洗っておかないと・・・

2007年8月11日 うらりの賑わい

20070811.jpg
 三崎港にある「うらり」。
いつも前を通るだけですが、うらり前のプレジャーボート岸壁は夏の賑わいですね。

2007年6月30日 真夏!?

20070630.jpg
 熱中症という言葉を思い出さずにはいられないほど暑い一日でした。
 昼過ぎから風が出て、中途半端な雨がぱらりぱらりと舞ってきましたが、それがまだ梅雨の最中であることの証のようです。入道雲じゃないし、夕立ちという感じのものでもなかったし・・・。夏はまだまだこれからですね。

2007年6月17日 夏の日

20070617.jpg
 おととい寝違えたみたいで(^^;、首筋から背中が少し痛かったんですが、天気があまりに良いので沖に出ることにしました。
 休んでるか出港するか悩んでいて出発が遅くなってしまったので、結局10時出港、南風が強まって13時に早上がりするまでの短時間になってしまいました。
 しかし、短いながらもとても梅雨の最中とは思えない湿度の低いカラッとした青空の真夏の海を堪能できました。

2007年6月 4日 自動車税

 あー、自動車税の納付期限は5月31日までだった・・・。
船にはないけど、車には自動車税があるんだったな。
延滞料かからないうちに払わないと。。。とりあえず目先お金なし。

2007年6月 2日 久里浜沖

20070602.jpg
 東電の煙突が目印の久里浜沖です。城ケ島沖でマルイカを釣ってから久里浜沖の様子を見に来ました。ここも釣れてます。
 写真は、その東電沖にある、左がアシカ島、右が笠島です。この辺は暗岩が多く航行には注意が必要ですが、魚の好ポイントでもあり、島に渡って釣りをしている方も多いですね。
 このあと風波強まり帰港しましたが、今日はとてもいい天気でかなり日焼けしました。

2007年5月 4日 シケました。

20070504.jpg
 天気はいいんですが、結構風があって昼前からは強風になってしまい、海は時化て釣りになりませんでした。せっかくのゴールデンウィークですが、こどもの日あたりって特にこんな感じの天気になりやすい気がします。
 こいのぼり向きの天気になってるんでしょうか。ちょっとザンネン。

2007年4月15日 ルールとマナー

20070415.jpg
 マルイカねらいの今日。天気は良かったんですが、どうも釣果がイマイチ不調です。
 しかし、そんなことより今日はマナーや航行ルール(海上衝突予防法とかね)を守らない船の多さに辟易…。
 三崎西沖では左正横から来たクルーザー2隻が直前を横切って(警告(疑問)信号出しても良かったくらい)、大きな引き波でドタンバタンしちゃうし、港内でも港内爆走や防波堤を左小回りしてくる船があったり通行ルールがめちゃめちゃだったし、仮にも船舶なんだけど、何の免許とって船に乗ってるんだろう?ってイライラの一日でした。
 そういえば、以前、浦安から遊漁船に乗って竹岡沖で釣りしたことがあって、これが浦賀水道に進入してくるタンカーの前を平気でウロウロする船長だった。警告信号出されてこっち(私たち乗船客)の方が怖かったな。その船長、警告信号も理解しているのかいないのか何とも思っていないみたいだったがそんな人もいる。コワイコワイ。
 まぁ、その船宿には二度と行かないけど、それにしても、事故も怖いけど、プレジャーボートが漁業者や港湾関係者に迷惑かけて毛嫌いされちゃうのも心配。祈安全。(写真と本文関係ありません)

2007年4月 9日 日常メンテ

20070409.jpg
 今夜もまた雨が降り出しましたね。あわてて帰ったものの結構濡れちゃいました。これで3日連続、どうも不安定な天候です。
 さて、昨日は久しぶりに出港しましたが、出港前の暖気運転(エンジン始動チェック)や帰港後にはフラッシング(清水洗浄)するんですが、主機には専用に作ってもらった袋があるんですが、補機にはゴミバケツを改造したものを使ってます。ゴミ箱に穴を開けて洗濯機の保守部品の排水ホースをシーラントで接着しています。
 塩分が熱で結晶化しちゃうと、冷却系がどんどん詰まってしまいオーバーヒートの原因になったりと塩分はいろいろ面倒ですし、下架前のエンジン点検は大切ですしね・・・

2007年3月18日 おまけ

20070318C.jpg ボートショーは横浜がいいね。
気のせいか幕張より入場者も多かったような気がします。屋外の海での催しも良いと思うし、女性や子どもも多かったよな感じです。
 屋内はいつも通りだったかな?でも、ワタ菓子作ってる舶用機器メーカーさんや、メイドさん?がカタログ配ってるメーカーさんまで、???の所もあった。みんなボートショーの新しい道をきっと模索してるんだろうなぁ。なんて感じがしました。
 子どもが群がっていた人気のラジコンボートのコーナーでは、普通のラジコンボートに混じってゴジラもがんばってました(^.^)

2007年3月18日 フィッシングボートの気になる所…

20070318B.jpg
 フィッシングボートの新艇も数多く出展されていましたが、どれも同じようなもん。ちょっと見応えがなかったかなぁ…。
 ワタシのチェックポイントはココ。クルーザーならともかく、センターコンソールのフィッシングボートは必ず見るところがあります。
 船の後部のスペースは船内外機ならエンジンのために狭くて、船外機ならエンジンを船外に追いやってるので広いのは当然ですが、肝心はバウ(船首)のスペース。
 せっかく大きいボートでも、船首の狭いやつが多いこと多いこと!
 なぜ狭いかというと、船の内側の壁の立ち上がりが緩いんだよね。ここが曲線になっていると足を置く場所が海から遠くなっちゃって結果狭い。この緩い曲線の壁には立てないし座れないし物も置けない。
 左は今日の26ftのボート。右の写真は朋友丸です。朋友丸は23ftなので、左の写真の船のが圧倒に大きい。値段も倍以上!なのに朋友丸のがしっかりしていて全然広いんですよ(ちょっと自慢(^^ゞ)。
 この部分の処理がうまいのは国内ではミヤマ造船(^^ゞとヤンマーかな?国外ではボストンホエラーなんか巧いなと思います。これから船選びをする方のご参考になれば…。まぁ造作の上手下手は実際に見てみるのが一番ですが。

2007年3月18日 ボートショー2007

20070318A.jpg フルノの魚の大きさが判る魚群探知機だって!
魚の反応までサカナの絵になってます。なんかカワイイ。

2007年2月15日 相手のこと

20070215.jpg 船って手漕ぎのような小さいのから空母のように超巨大なものまで物凄い差があります。それが同じフィールド上に存在する乗り物なんですね。
 自然に対する注意も必要ですが、船どうしの衝突防止にもお互いが十分な注意を払わねばなりません。
 以前、大型の客船で豊後水道から来島海峡を抜け瀬戸内海に抜ける際、長時間に渡りブリッジ見学させてもらう機会があったのですが、大型船から見るとプレジャーボートなんて東京タワーの展望台から見る地上の車くらい。実際には相当な距離があっても、見た目は自分の直前をちょこちょこ横切るんです。運動性能の劣る大型船から見ると怖いくらいです。
 そういうこともあって、ワタシは大型船からはかなりの距離を取ります。たまに浦賀水道を横断することもありますが、かなり離れた位置から早めに大幅な避行動作に入ります。相手にもよくわかるようにね。伝わらなければ意味がありませんから。

2007年1月 9日 下から来ないで潜水艦

20070109.jpg 「米原潜と日本のタンカーが衝突」・・・原潜と原油満載のタンカーかよっ!しかもホルムズ海峡で。背筋が寒くなるニュースですね。
 最近、潜水艦が海面下からぶつかるニュースが多いような気がしません?
 根本的に、国際的慣例として軍艦には航路優先権があると思うのですが、そうは言っても下から来られると避けようがありませんよね。こわいこわい。
 大型タンカーのキャビテーションノイズに紛れて、ホルムズ海峡を抜けようとした(~のかどうか知らないけど…)作戦?は理解できなくもないけど、民間の船に当たってはいけません。というか、当たってしまうような操艦でホントの有事にはだいじょうぶなの?と思ってしまいます。
 11月に宮崎県沖でやっぱり洋上のタンカーにぶつかって舵をひん曲げてしまった海自潜水艦(練習艦ですが)だって「相手」の位置がよくわからなかったわけでしょ。だいじょうぶなんでしょうか?
 企画や作戦がいくら良くても、現場が実行できなければ台無し。頭でっかちではダメだよね。(写真は資料)

2006年11月 4日 再塗装中

20061104B.jpg ついでに再塗装中のバウモーターです。今日は風もなく塗装には最適の一日ですが、広げた新聞をはみ出してベランダの床までちょっと塗ってしまいました(>_<)。
 あとは、シャーピン折損以外に故障がなければ良いのですが…。ちょっと心配だったりもします。
 流し釣りにはとても便利なものだけに、なくてはならない艤装なんです。

2006年11月 4日 祝 貫通

20061104.jpg
 貫通といってもトンネル工事ではありません。や~っと、シャーピンの残骸で埋まってしまったシャフトの横穴がただいま貫通!しましたぁ。こんなに天気いいのにこんな工事で残念ですが、次回以降の釣行はしばらく掛かり釣りになるなー、って思ってたけど、これでいつも通りの流し釣りができそうです。めでたしめでたし。
 おーっと、ついBlogのページに書いてしまいましたが、整備記録は航海日誌のページに書くことにしてたんだっけ。そっちはあとで更新。

2006年10月30日 遠い道のり・・・

20061030B.jpg シャーピンの残骸除去はチョビっとずつ進んでますが、いやぁ、なかなかたいへんたいへん。早く帰ってきて突貫工事してもホントに少しずつしか進まないよ~。この分では来期になっちゃうなー(>_<)。まいったなー。まめに点検しておくべきでしたね。
 いろいろインターネットで調べてみても、シャーピンの除去記事ってまったくヒットしなかったので、結構貴重な記事かもよ~(^^ゞ …ていうか、こんな状態になるって珍しいのかな?皆さんはもっとちゃんと点検、交換してるのかもね…反省

2006年10月29日 雨だね(>_<)

20061029.jpg 秋晴れの「すかっ!」っとした天気にはならないもんかなぁ。
 残念ながら日曜の今日はちょっと天気悪そう。ちょいとお出かけもしたかったんだけどな・・・
 しかし、バウモーターの折れたシャーピンの残骸が軸から抜けずに困った(>_<)。。。
 CRCたっぷりかけてもコチンコチンでビクともせず。こいつが抜けないと交換すらできないぞ。シャーピンが抜けないごときでバウモーターが使えないとすると釣りが大変。あまりに便利に使ってきたからなぁ…。
 浅場ならアンカー使ってもいいんだけど、腰痛の再発覚悟だねー。
 まーいいや、もう寝よう・・・おやすみなさい・・・。

2006年10月22日 便利モノ

20061022.jpg 今日の剱埼沖はボートには辛い海だったなぁ。漁船と比較すると、とっても軽くて船体もほとんどが水面上に浮んでいるもんだから、風と波、速過ぎる潮には勝てなくてまったく釣りにならなかったよ…。
 しかも、バウモーターも故障。シアーピンが折れただけだけど、いつも便利に使っていたから、急に壊れるとありがたみがわかるね。
 シアーピンは過負荷がかかった時に、モーターを損傷しないためにわざと折れるものだから、折れていいものだけど、取り替えないと使えない。でも、残ったところが抜けなくてなかなか大変そう。急いで直しておかなきゃならないけど残念ながら今日は断念(>_<)

2006年9月30日 ジェットフォイル

20060930.jpg
 よく見かけるジェットフォイル。いつもなら離水して海面をぶっとばしてるんですが、写真の「セブンアイランド虹」号。今日はゆっくり艇走してました。ちょっと悲しい水煙を出していましたが、じつは先日28日に熱海-大島間で何かの衝撃を受けてお客様一名が負傷する事故を起こしていたそうです。
 今日はきっとドッグに向かう途中だったのでしょうね。
 ジェットフォイルが高速走航中に衝撃を受けるニュースをよく聞くようになりました。流木とかクジラとも言われてますが、どちらにしても避けられないくらい速いんですから困りますね。速いのはとっても便利なことですが…。もちろんのんびり船旅も良いですよね!
 今日は海はとっても穏やかだったんですが、流木、ゴミもたくさん浮いてました。私たち小さな船だって気をつけないとね。

2006年8月 9日 運動不足ですね

baw.jpg また電車の中でBlog書いてます。台風はどっかいっちゃいましたね。もうだいじょうぶなのかな?
 荒天といえば、荒天においても船の大事な装備にアンカー(いかり)がありますね。当船にはアンカーは二つあります。でもアンカーウィンチはありません。日常はほとんどバウモーターを使った流し釣りになるので、もったいないので装備してないんですが、ウインチあったらかなり楽だろーな、なんて思う時がたまにありますね。
 先日の野比沖でも、アンカーを一丁入れて振れ回りながらのんびりシロギスを探ってましたが、やっぱり揚げる時は、普段の運動不足もあってなかなか大変。よいしょ!よいしょ!と引き上げるわけですが、極端に重いわけでもないけど、チェーンとあわせるとそれなりにあるんですよね。不自然な態勢で引き上げることもあっていつも腰痛に注意です。

2006年8月 5日 三浦・海のフェスティバル2006

20060805.jpg
 沖で皆が熱中症になりそな真夏の天気。いやぁ暑い一日だった!
 マゴチが釣れたらいいなぁ、なんて思いながら、朝日の中を快走。金田湾にてキス釣り。良型が釣れて楽しかったけど、メゴチも合わせるとたくさん天ぷらネタができちゃって、明日作るのに一苦労しそう。。。
 でも、今日は何しろ暑かった!暑さで体力の限界になってしまった昼過ぎには、トーナメントの検量所となった三崎港に入りましたが、うらりには模擬店も出て、ステージでの演目もあってとっても賑わってました。真鯛の稚魚7000尾の放流事業には、協力船に小学生たちがたくさんのってましたね。こっちの募集定員は100名だったけどいっぱいだったかも?。
 海のフェスティバルのイベントはフィッシングトーナメントだけじゃないので、一般の方もとっても楽しめたイベントになりましたね。

2006年7月31日 そういえば・・・

20060731.jpg
 城ケ島大橋下の可航水路はココです。真ん中です。
 三崎港は結構有名な港ですから、船で遊びに来る方も多いと思いますが、城ケ島大橋の下はココが通り道です。喫水の浅い船や汐によってはその南側も通れる時もあるかもしれませんが、基本的には浅いのでそこは通りません。
 先日も掃除しながらふと見ると、結構おおきなクルーザーが通っていくのを2度も見てしまいましたが、運が良かったみたいです。ちなみに港内は当然徐行ですからね。。。

2006年7月12日 大井信号所

signal-stn.jpg 暑いですね~。いま帰るところで茅場町です。暑いのは仕方ないけど汗くさいのは嫌ですね。ラッシュの車中で、たまにこっちに寄るな!って思う人もいます。ワタシもデブで汗かきのひとりですが、少なくとも朝シャワーも浴びる清潔なデブですから、そんなのとはいっしょにしないようにお願いします(^.^)b
 さて、車中ヒマなのでたまには船の話をしましょうか。。。
 先日、城南島海浜公園で暇つぶししましたが、このすぐ横は東京西航路に当たり、城南島海浜公園内には船舶のための大井信号所があります。
 で、ここの表示が何を意味しているのか、簡単にまとめてみました。
 ちなみに写真はわかりづらいのですが、Fを点滅表示中です。
 
I の点滅[入航信号]…入航船は入航可(500トン以上出航禁止)
O の点滅[出航信号]…出航船は出航可(500トン以上入航禁止)
F の点滅[自由信号]…入出航可(東京西航路においては25,000トン以上は入出航禁止)
X の点灯[禁止信号]…入出航禁止
XとIの交互点滅[切替予告信号]…まもなくIの点滅に変わる。航路内航行船航行可。500トン以上の航路外航行船は航路内航行船の進路を避けて待つ。
XとOの交互点滅[切替予告信号]…まもなくOの点滅に変わる。航路内航行船航行可。500トン以上の航路外航行船は航路内航行船の進路を避けて待つ。
XとFの交互点滅[切替予告信号]…まもなくFの点滅に変わる。航路内航行船航行可。500トン以上の航路外航行船は航路内航行船の進路を避けて待つ。
Xの点滅[切替予告信号]…まもなくXの点灯に変わる。航路内航行船航行可。航路外の全船舶は航路内航行船の進路を避けて待つ。

…なんて感じです。見る機会があったら思い出してください。

※東京西航路大井信号所での信号表示を簡便に表記したものです。実際の航行にあたっては港則法施行規則20条の2に従うこと。

2006年5月 5日 シケ

20060505A.jpg
 陸は良い天気が続いて上々のゴールデンウィーク。しかし、海は今日もシケちゃいましたぁ(T_T)/~~~。
 写真は東京湾側を望遠で一枚。遠くに房総半島が見えますが、A旗を掲げたまま(^_^;)沖に向かっている漁船はダイバーを乗せた船です。こんなに荒れてても海の中はだいじょうぶなのかな?

2006年2月12日 お手入れ

 今年初めてマリーナに出かけました。行きには三浦縦貫道では本気で吹雪いてきたり、青空高く晴れたりとびっくりするような天気でしたが、なかなか予定が詰まっており、出掛けられるチャンスに行っておかないと、やりたいと思っていたことがどんどん遅れてしまうので、チャンスとばかりに出掛けました。
 まー、どうしてもやらなければいけないというものはほとんどなくて、気分的にオフシーズンにやっておきたい、というものばかりですが・・・。気候が良くなったら、お手入れよりも出港したいですからね。。。

2005年11月 5日 贈り物

submarine.jpg
 週末になると天気が悪くなって、中々出港できずに欲求不満だったが、3日、5日と休日に連続して出港できた。天気が良かっただけではなく、本命の釣果もちゃんとあって、ゲストにも楽しんでもらい自分も楽しんで大満足。自然の力には勝てないので、まさに天からの贈り物でした。
 5日はひとりだったが、やっぱり天気の良い海上は気持ちがイイ!
 でも、私にとっては海って遊び場になるんですが、もちろん業務中の方もいらっしゃいます。どんなところにもいろんな人がいて、どこかでがんばっている人がいるので忘れたくないですね。
 写真は私の船の後ろを太平洋に向かって出ていった潜水艦です。

2005年10月30日 今日ものんびりお掃除デー

 天気が大丈夫そうなら今日は出港しようと思っていましたが、朝起きたら地面は濡れたままで、どんよりと雲も低く、いかにも「雨はいつでも降ります」という雰囲気の東京でした。
 「なんで毎週こんな天気なんでしょう・・・」
 それでも昨日よりはマシだったので、車を城ケ島へ走らせました。
 城ケ島は東京とは違って雲も少し高く、朝から凪だったとの事で何人かの方は出港されていましたが、私が着いた昼少し前にはちょうど風が強くなり始めていて剱埼で風速10mまで上がっていました。これではいまから出港してもちょっと・・・?と思ったので、私はまたお掃除デーになりました。
 出港はしませんでしたが、それでも掃除も3週間ぶりなので、外で体を動かして少し気分も変わりました。エンジンも水道水でフラッシングしてきました。最初はちょっと詰まり気味で、検水吐出が弱弱しく思えましたが、回転数を上げたら何かがスポンと抜けて途中から勢いが良くなりました。しかもアイドリングに戻しても勢い良く出るようになりました。たまに回転を上げて吹き飛ばすことも必要なようです。エンジンの冷却配管内部に塩が固着して通水断面が配管が細くなってしまうのですが、普段から少しずつ蓄積されていくものなので逆に怖いです。私の配管(血管)にはコレステロールが付着してるようで気をつけないといけませんが・・・。
 さて、次回こそは釣りに出たいものです。
20051030.jpg

2005年10月22日 明日の天気は?

 今日は雨だなんて天気予報で言ってたかな?
 明日も低気圧の通過でどうなることやら・・・。どうも天気には恵まれないシーズンだ。
 あ~、明日は何しよう・・・。

2005年10月13日 週末のお天気

 今週は体育の日の祝日を除き平日4日の週なのですが、結構ハードな日が続きとても長く感じる一週間でした。仕事は溜まったままではあるものの、とりあえずはようやく明日1日となりました。
 しか~し!!、また明日から天気が崩れる予報ですねぇ。
 自分のホームページには安く契約している天気予報業者からの予報を表示するようにしているのですが、これを見て一喜一憂しているのはきっと私本人です。なんでまた休日になるとそんなお天気になってしまうのでしょう?
 イナダ、カツオ、ヤリイカ・・・。釣りに出たいなぁ。。。せめて、沖をクルーズするだけでもいいんだけどなぁ。
 海に浮かんでいることが私唯一のストレス解消法なので、ずっと出られずでかなりタマッているこの頃・・・。

2005年10月 9日 不可解な自然現象

 最近、航海日誌が更新できない。出港しない日でも更新することもあるにはある。でもやはり出港して更新したいページだ。日付が変わって今日日曜日も天気予報では雨。しかも週間予報では次の週末もまた天気が悪そう。平日には晴れ間が出るだとぉ。。。こんなにもキッチリスケジューリングされている天気だなんて、まったく不可解な自然現象だ。以前、週末ごとに台風が来たこともあるけれども、毎週こんなだとまたまたユウウツ。
 そんなことで、航海日誌が更新できないのでBlogに書き込むくらいしか更新するところもない毎日。。。

2005年10月 8日 がんばれ御日様

 いやぁ、疲れた一週間だった。日付はもう変わってしまっているがやっと週末がきた。
 タイミングが合わなくてもう2カ月も沖へ出ていないが、もうそろそろ海へでないとおかしくなってしまいそうだ。しかし、この3連休、またどうも天気がすっきりしなさそう。自然には勝てないが、なんとかならないものだろうか・・・。
 なんとか、チャンスを見計らって出港したいものだ。

2005年10月 3日 そうじ

 最近は中々出港できず掃除ばかりしていることが多い。でも掃除はキホンだと思いますね。
 万一トラブルがあったとしても、揺れる小型船では海上で出来ることは限られてしまうし、それよりも予備を付けて二重化しておく方が現実的と思うのです。しかも、些細なことは自分で見るとしても、重要部品についてはやはりそれぞれのプロに見てもらった方が自分としては安心。そんな方針なので、私は全部自分でメンテナンスするわけではないのですが、少なくとも定期的に掃除をしていると船体は年中見ていることになる訳だし音も聞いているし、普段から接していることで不具合も早期発見できると思うわけで、異常を発見したらすぐ見てもらおうということなのです。
 小さい頃から電子工作なども好きだった私ですが、きれいに配線しておくことは見た目が良いだけではなく、誤配線の早期発見やトラブル時の早期復旧にも繋がるんですね。それと同じ感じかな?きれいにしておくことは大事だと思うわけです。
 たかが掃除、されど掃除なのです。(でも部屋は汚いな・・・)

2005年9月28日 新免許状到着

 船舶免許を更新して新しい海技免状が届きました。前回のも見た目が貧相だなぁ、なんて思ってましたが、今度のもイマイチかな・・・?。「国土交通大臣」って入っている割りには、東京都公安委員会の自動車免許証より出来が悪い。しかも、小型船舶のカテゴリ変更後の免状なので、今度のはタイトルも海技免状ではなくいわゆる「免許証」。加えて一級免許者にとっては得のない制度変更だったし・・・。  なんとなく出来の悪いナメ猫免許証みたいに見えるなぁ。昔のありがたみがあるやつのがいいなぁ・・・。

2005年9月22日 更新講習終了

 久しぶりに麹町の船舶職員養成協会に行ってきました。
 更新講習も終わってあとは新しい免状待ち。届くのが27日頃だとか・・・。ということは、この23日からの3連休には乗れないってことですね・・・。でも、また掃除くらいはできるか・・・。
 この際、家でこのホームページの整理でもしてようかな?様式も微妙なところで統一されなくなってきていたりするし、HTMLもごちゃごちゃ汚なくなってきてる。スタイルシートも合わせて再調整でもしてようかな・・・。そういうことで、しばらくところどころを細かい修正してます。

2005年9月16日 海技免状 更新講習予約完了

 海事事務所から更新講習の予約が完了して会場案内が届きました。幸いにして、私は夏休み中ということもあり平日OKなので、もう来週22日の講習ですが予約完了となりました。今回は私が資格をとった船舶職員養成協会から案内が来ずちょっと焦りました。更新は1年前から出来ます(免許期間は変わりませんが・・・)ので皆さんはもっと余裕をもって更新しましょう。 
 さて、海技免状の更新は5年毎なのですが、5年前の写真と今回用意した現在の証明写真を見比べると、5年という時の流れを感じますな(>_<)。ちょっとユルユルな顔をしているので、鍛えなければと思う今日この頃・・・。

2005年9月11日 ヤバイ!ヤバイ!

 お~っと、うっかりしてました。船舶免許状が来月満了しちゃう!更新講習申し込まなくっちゃ!

2005年7月27日 第三十六朋友丸

houyumaru.jpg
台風7号が過ぎ去りました。明日はかなり暑い気候になるようです。また汗だくだ。