相手のこと

2007年2月15日 Posted in ボート・船舶

20070215.jpg 船って手漕ぎのような小さいのから空母のように超巨大なものまで物凄い差があります。それが同じフィールド上に存在する乗り物なんですね。
 自然に対する注意も必要ですが、船どうしの衝突防止にもお互いが十分な注意を払わねばなりません。
 以前、大型の客船で豊後水道から来島海峡を抜け瀬戸内海に抜ける際、長時間に渡りブリッジ見学させてもらう機会があったのですが、大型船から見るとプレジャーボートなんて東京タワーの展望台から見る地上の車くらい。実際には相当な距離があっても、見た目は自分の直前をちょこちょこ横切るんです。運動性能の劣る大型船から見ると怖いくらいです。
 そういうこともあって、ワタシは大型船からはかなりの距離を取ります。たまに浦賀水道を横断することもありますが、かなり離れた位置から早めに大幅な避行動作に入ります。相手にもよくわかるようにね。伝わらなければ意味がありませんから。

 それにしても、来島海峡での大型船の操船は見ごたえがあります。
 来島海峡が特に海の難所ということもありますが、船長をはじめ、航海士、甲板手の方々が一丸となって船を進めて行きます。
 見張りをする航海士から周囲の状況が次々に船長に報告が上がり、船長は次々に決断。操舵手に進路や船速を指示します。操舵手は聞いた指示を復唱し船をコントロール、そして指示通りになったことを船長に伝えます。これの繰り返しで、周囲の交通や潮流、風など同じ場面など二度とない次々に表れる問題を解決しながら進めていくわけです。
 リーダーシップを勘違いした"ひとりよがり"に振り回される世の中、情報の伝達とコミュニケーション、チームワークがいかに安全に貢献するものなのかと実感する場面でもあります。お互いが相手のことをもっと考えないといけないと思うわけです。


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)