阪神大震災から12年

2007年1月17日 Posted in 最近の出来事

20070117.jpg 夜になっても各地で追悼行事が続いていると報じられています。
 東海地震が予想されるようになってかなり経ちましたが、それは震災を経験したことのない私などの世代にとっては、実際にどういうことになるのか想像も出来ないことでした。
 しかし、実際にあのような大震災が発生し、ニュース報道を見聞きして、その身も震える怖さや災害対応の必要性を少し理解できました。
 幸い、私自身は震災に遭いませんでしたが、今でも関西の方から「タンスが飛んで来た」とか「ふとんの中で身動きひとつ出来なかった」などの体験談を聞くと言葉も出ません。
 実際に体験した方、被害に遭われた方の恐怖や辛さ、悲しみは、私の想像をはるかに超えるものでしょうが、人々が穏やかに、そして当たり前のように普通に暮らせることがどんなに大切で幸せな事なのかと思います。
 写真は2002年に仕事で兵庫県に出張していた時のもの。出店候補地だった建物のひとつですが、概観は美しい建物でもその電気配管室内には震災の大きな傷跡があったことを思い出しました。


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)