ウィニー

2006年3月16日 Posted in Web関係

 Winny(ウィニー)が情報漏えいで国会でも話題になってますね。漏えいは深刻な問題ですね。
 Winnyはサーバーを介さないピアツーピア(パソコン対パソコン)のファイル交換ソフトで、以前著作権問題で逮捕者も出すなどの問題にもなりました。映画ソフトなんかたくさん出回ってしまいましたからね。私はファイル交換そのものに用がないのでウィニー以外でもファイル交換ソフトはインストールしていません。

 でも間違えてはいけないのは、ウィニーだけがイケナイのではなく、そもそも非公開のファイルを公開ファイルにしてしまうウィルスAntinny(アンティニー)の感染が原因ということ。アンティニーの感染で意図せず公開可として収集されたファイルがウィニーの機能により流出してしまうというわけですよね。(まー、ウィニーの思想も好きじゃないし、インストールしてなければアンティニーにも感染しないでしょうが…)
 大事なのはダウンロードした感染ファイルを無防備に開いてまた感染してしまうという意味では、他のウィルスと仕組みが大して変わらない点でしょうか(ただ影響は甚大ですね)。ウィニーに限った問題でもないわけです。ファイル交換ソフトはウィニーだけじゃないんだし。。。
 しかし、そんなソフトは企業のPCでは不要なものだけど、システム上の問題だけではなく漏えい問題の根本的なところに光が当たらないと、規制だけではなかなか解決しないのでしょうね。会社の仕事をなんで持ち帰らねばならないのかということ。悪意があれば別だけど、好きで仕事を持ち帰る人はきっといないと思うんだけどな…。それはシステムの問題じゃないよなぁ…


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)