釣魚料理

[魚の持ち帰り~あとかたづけ]
[ウロコ落とし] [お刺身(3枚おろし)] [塩焼き] [キスの背開き] [メゴチの松葉おろし] [イカ ] [ カワハギ ]

魚の持ち帰り

クーラーボックスの中はこんな感じ 魚が釣れたら痛まないように早めにクーラーボックスに入れましょう。

1.クーラーボックスには大きめの氷を入れておきます。
(細かいと長持ちしません。)
2.魚が釣れたら、浸るくらい海水(海の魚なので)を入れます。

クーラーボックスの中はこんな感じ 魚は「冷たい海水」に浸して持ち帰るのが一番です。氷だけで満遍なく長時間冷やすのは大変なことですが、冷たい海水なら魚の芯から全体まで冷却できます。
 なお、海水量が多すぎたり氷も小さくて少ないとすぐに溶けてしまうので注意しましょう。
 おすすめは、ペットボトルのお茶を冷蔵庫で凍らせてしまい、これを氷の代わりにすること。安価に大きい氷が作れますし海水の塩分も薄まりません。持ち運びも便利ですし、当然冷たい飲み物にもなります。
 ただ、この方法はイカの場合は除きます。イカはビニール袋に入れて冷気で冷やしておくようにしましょう。

あとかたづけ

使ったクーラーボックスはキッチンハイターできれいに 魚が釣れたら痛まないように早めにクーラーボックスに入れましょう。

 魚を出した後のクーラーボックスは軽く洗ったあと、規定量のキッチンハイターを入れた水を張っておきます。満水にする必要はなく、6、7分目程度にして、クーラーボックスの蓋をきちんと閉めてから軽く揺すっておけば大丈夫です。
 せっかくなので、魚臭くなったコマセカゴやタオルなどの釣り道具も、水で軽く洗ったあとここに入れてしまいます。氷にしたペットボトルも表面が魚臭くなっているので、栓をしたままいっしょに放り込んでおきます。
 30分たったら、魚臭さはすっかり消えますので、あとは軽く水洗いでOKです。
 ペットボトルは冷凍庫でまた氷にします。(キッチンハイターの取扱いには注意して下さい。)