釣魚料理

[魚の持ち帰り~あとかたづけ]
[ウロコ落とし] [お刺身(3枚おろし)] [塩焼き] [キスの背開き] [メゴチの松葉おろし] [イカ ] [ カワハギ ]

イカの基本

 イカの胴の中に指を差し入れて、胴と内臓がつながっているところを探し、そこを指先で切ります。

 片方の手で耳を押さえ、頭を持ってゆっくり引き抜きます。

 抜けるとこんな感じになります。

 目のすぐ上部に包丁を入れて、内臓部分を切り離します。
 スルメイカの場合は、内臓の中央に黒い筋の墨袋があります。これを破らないように端から丁寧に剥がします。
 墨袋の墨はいわゆるイカ墨で、これを絞り出せば料理にもいろいろ使えますね。
 写真で銀色に見える内臓部分はゴロと呼ばれ、これも絞り出して塩辛などに利用します。

 切り離された足の部分は、目と目の間に包丁を入れて足を開きます。
 目と足の中央部にある口(カラストンビ)を取ってしまいましょう。

 足には吸盤があるので、包丁でしごいて軽く取っておきます。触腕(足の中で特に長い手?)は吸盤が多いので先端を切ってしまいます。

 胴の方は、両耳をつまんで、胴との接続部に指を入れます。

 耳を剥がしながら(皮が付いてきますのでそのまま胴まで引いて)胴の中央部の表皮まで取ってしまいます。胴の皮はそこをきっかけに剥きます。

 皮を剥いた胴は、中に軟骨が一本入っていますので、輪切りで使うときは引き抜いてください。
 刺身にするときは、軟骨を端(写真では左側)にしておいて、右端に包丁を入れて胴を開くと、開いたときに中央に軟骨がありますので取ります。

 刺身にする場合は、開いた胴の汚れを軽く取って、適切な幅で包丁を入れればお刺身です。 刺身にする場合は、開いた胴の汚れを軽く取って、適切な幅で包丁を入れればお刺身です。