仕掛作り

[道糸のエンド処理] [スナップの結び方] [針の結び方] [枝スの付け方] [イカのサビキ仕掛け]

道糸の端(エンド)処理

 リールから出た道糸は、仕掛けの取り外しが簡単になるように実釣時にはスナップを付けますが、そのスナップが簡単に付けられるように道糸の端はあらかじめ輪を作っておきます。
 ただ、単純な結び方をすると輪が締められて小さくなってしまいますので、「8の字結び」で輪を作ります。

 糸を引き出したら、Uターンで折り返してつまんでおきます。輪の大きさは使用するスナップより大き目くらいにしておくと良いです。

 輪の大きさはこんなもんで良いでしょうか。

 輪の先端になった部分を持って、結び始めます。

 向こう側へ回して一周し...

 出来た輪に、こちら側から入れて、向こう側へ抜きます。

 ほら簡単。これで8の字結び完成です。

 これが糸が締まる前の8の字結びの形です。輪の大きさを微調整しながら締めます。

 こんなもんかな?

 8の字結びは、締めてしまったら輪の大きさは変わりません。

 完成です。

 もうひと工夫しておきましょう。
 輪の先にもうひとつ、結びコブを作っておきましょう。

 「8の字結び」の結び方は同じです。

 こんな感じですね。

 これで2箇所に結びコブが出来ました。コブは締めてなるべく小さくしておきましょう。

実釣時におけるスナップの取り付け、取り外し

 竿のガイドを通した道糸は、スナップの根元の環を通してから...。

 スナップの頭をくぐらせます。

 頭をくぐった輪が小さくなるよう道糸を引けば、スナップは取り付け完了です。

 頭をくぐった輪が小さくなるよう道糸を引けば、スナップは取り付け完了です。

 こんな感じです。
 スナップを付けるということは、天秤など仕掛けの取り付けに必要ですし、他の釣り人と、いわゆるおまつりをしちゃって、やむなく仕掛けを一時的に外す時も簡単になります。

 釣りが終わって、スナップを外す時は、道糸先端の結びコブを引けば、スナップを締めていた道糸が簡単に緩みます。

 緩んだ道糸をスナップの頭を反対にくぐらせれば、簡単に外れます。

 ちょっとしたことでセットも片付けも簡単になります。