仕掛作り

[道糸のエンド処理] [スナップの結び方] [針の結び方] [枝スの付け方] [イカのサビキ仕掛け]

針の結び方

 外掛け本結び。これだけできれば十分です。
まず、ハリスを針の軸に沿わせます。
(説明用にハリスに黄色の糸を使っています。)

 針に沿ってUターン。左手の指で針と一緒にハリスを押さえておき、ハリスは針の上部へ。

 ハリスはそのまま針の軸に巻いていきます。

 針の軸に5周ほど巻きつけ、チモトまできたら

 巻いた糸が緩まないようにチモト部分を押さえて、左手の指で押さえていた輪の中にハリスの先端を通します。

 ハリスを引いて輪を締め、針にしっかり結び付けます。糸は針の内側中央にくるようにします。

 針が小さい場合は、針をペンチで挟んでハリスを引いてもOKです。ハリスは傷つけないようにとにかくしっかり締めます。

 余分なハリスを落とします。

 完成した仕掛けは「仕掛け巻き」に巻いておきましょう。針先は台紙の後ろに抜けてますが、裏側ではセロハンテープで押さえてあります。
 裏側などに、ハリス○号○m○○仕掛けなどと記載しておきましょう。