釣りの仕掛けを作る時の結び方を紹介しています。

仕掛図に戻る

仕掛けを自分で用意したい方は、とりあえずこれだけ覚えておきましょう。

イカのサビキ仕掛け
クリックすると拡大表示 サビキ仕掛けは枝スが多く作るのが面倒です。そこで、こんな回転ビーズを使用します。ビーズには縦と横に糸を通す穴が開けられています。(釣具屋さんで販売しています。)
クリックすると拡大表示 幹糸にビーズを通します。
(説明用に黄色の糸を使っています。)
クリックすると拡大表示  幹糸の片端はスナップを結び付けます。
クリックすると拡大表示  ビーズの両側は8の字結びを施します。
クリックすると拡大表示  反対側も8の字結びをします。
クリックすると拡大表示  こんな感じですね。イカ仕掛けの場合は約1m間隔で、ビーズをこのように留めていきます。
クリックすると拡大表示  幹糸の反対側の端はおもりをつけるためにサルカン付きのスナップを結び付けます。
クリックすると拡大表示  完成したら仕掛け巻きに巻いておきます。
クリックすると拡大表示  イカヅノは枝スを結んでおき各種用意しておきます。
 釣り場では、ビーズの横穴に枝スを通し、8の字結びで結び目を作って抜けないようにします。
 ハリスが細い場合は、抜けないようにもう一度8の字結びをして結び目を大きくすることもあります。

仕掛図に戻る



概要 | 予定表 | 航海日誌 | 仕掛け | 釣魚料理 | Blog | 朋友広場 | 道案内 | お願い | アルバム | リンク | Profile | モバイル版