船舶免許

 小型船舶免許の取得から、ボートの購入方法、進水式まで、経験談を交えてご紹介します。

免許の種類

 船舶免許のうち、総トン数20トン未満の小型船舶免許。平成15年6月から免許制度が新しくなりました。以前は一級~五級等に分類されていて、主に四級が小型船舶での普通免許として一般的でしたが、現在は以下のようになっています。

一級小型船舶操縦士 18才から取得可  外洋免許
 小型船舶で操縦できる範囲は無制限。ただし、沿海区域の外側80海里を越えて航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を持った者を乗り組ませねばなりません。
二級小型船舶操縦士 16才から取得可  沿岸免許
 小型船舶で、海岸から5海里までの海域を操縦できます。以前の四級相当の免許です。
二級小型船舶操縦士
(湖川小出力限定)
16才から取得可  湖や川だけに利用する総トン数が5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船を操縦できます。
特殊小型船舶操縦士 16才から取得可  水上オートバイを操縦するために必要な免許です。湖岸や海岸から2海里までの水域を操縦できます。
  • 1海里は1852m
  • 平成16年11月以降、総トン数5トン限定区分は廃止されていますので、一級、二級とも総トン数20トンまで操船できます。なお、二級で年齢が18歳未満の方は5トン未満に限定されます。
  • 一級または二級免許を取得していても、特殊小型船舶操縦士免許がないと水上オートバイを操縦できません。
  • 平成15年6月以降の新規免許取得者及び平成15年5月以前の湖川小馬力免許受有者が小型旅客船や遊漁船など、人の輸送を行う小型船舶の船長になるには、「小型旅客安全講習」の受講が必要です。
  • 旧制度による免許取得者は基本的に旧制度の資格を引き継いでいます。国土交通省のホームページなどでご確認ください。
  • 船舶に対して設定される航行区域制限を越えて航行することはできません。

免許の取得方法

 小型船舶操縦士の免許は国家試験ですので、学科・実技とも国家試験に通らなければ免許は得られません。独学で国家試験一発という手もありますが、およそ以下のどちらかの方法が一般的です。

種類

方法

特徴

たとえば・・・

免許スクール

マリーナやボートメーカー、販売会社等の免許スクールで勉強し国家試験を受ける。 独自のカリキュラムを組んでいるので内容は様々のようですが、下記の教習所より費用は安い。

ヤマハ発動機(株)

国土交通省
登録教習所

国土交通省に登録されている水産高校、団体等の小型船舶教習所に入校し修了試験を受ける。 法定のカリキュラムになるが、国家試験と同内容の修了試験を受けて合格することにより、学科・実技とも国家試験免除。

(財)日本船舶養成協会

 私は日本船舶職員養成協会にて取得しました。合宿免許などの短期集中コースや土日コースなど様々なパターンが用意されていますので、自分にあった学習方法を選ぶのが良いと思います。
 現在は免許制度が改正されていますが、当時も私は平日は会社があるので一級の土日コース。土日の9時から17時まで使って学科と実技あわせて2ヶ月で1級を目指すコースに通いました。その2ヶ月間は完全に休みナシだったわけですが、好きな知識の向上や技術の習得なわけで楽しい時間でしたし、仲間もできて忘れられない2ヶ月間となりました。
 なお、船舶職員養成協会では小型船舶操縦士の更新講習や海上特殊無線技士など他にも様々な講習も開催されており、小型船舶操縦士免許取得後も便利です。
 新制度後はさらにシンプルなカリキュラムになっていますので、ぜひチャレンジしてみては?
 ただし、
免許が取れてもそれは操縦するための必要最低限の資格。実際に船に乗って多くの経験を積むことがもっと大切です。

保管場所を探す

 ボートを所有するときはその保管場所選びは重要なファクターのひとつです。プレジャーボートの保管場所といえば一般的にマリーナになると思いますが、そのマリーナも多種多用です。また、最近ではレンタルボートクラブも増えてきましたので、必ずしも所有しなくてもOK。自分が何をしたいのか考えをよくまとめておくのが良いでしょう。

マリーナ プレジャーボートの保管に特化しているので一番安心
公営・民間など経営主体も様々
施設面でも滞在施設(ホテル・マンションなど)を含めたものや、保管のみまで多種多様
保管費用も場所、施設、経営ポリシーなどにより"ピンキリ"

フィッシャリーナ

漁港区域内のプレジャーボートを漁船と分離して収容するための施設とその利用者のためのサービス、安全施設などを兼ね備えた漁港区域内の施設の総称

その他

トレーラブルボートなどは自宅保管も。また一部港湾など。

 プレジャーボートの保管場所といえば一般的にマリーナになると思いますが、そのマリーナも多種多用です。ボートの単なる置き場からリゾート施設を併せもった高級マリーナ、また、自宅からの距離や、マリーナから出港してから実際に遊ぶフィールドまでの距離、ライフスタイルによる違いなど、様々なパターンが考えられますので、自分に合った保管場所、保管方法を選択されるのが一番良いと思います。

保管方法

 保管方法を大別すると2種類。水面に浮かべておくか、陸に揚げて保管するかですが、船舶が大型になると陸置保管はだんだん難しくなってきます。いずれにしても、どちらが良いかはお好みですので、メリット・デメリットを含めてよく考えましょう。私が思いつく特徴とは次のような感じです。

係留保管 ・入出港が頻繁な方に便利だが荒天時は心配。荒天対策重要
・フジツボ等が船底に着くので年に数回は上架して船底掃除が必要。船底塗装も必要。
・電蝕対策重要(特に船内外機・船内機船)
・船の傷み早い。点検整備面倒
・保管料は陸置保管より若干高め
陸置保管 ・陸上に置いてあるので入出港時には上下架が必要。荒天対策軽微
・船を載せておく船台が必要(たいていマリーナごとに専用船台)。船底塗装不要。
・電蝕対策軽微
・船の傷み遅い。点検整備楽
・保管料は係留保管より若干安め(別途入出港ごとに上下架費用)
  • 電蝕とは電気を通す液体の中に異なる種類の金属が浸かった時に、一方の金属から他方の金属に電気が流れることが原因で起こる腐食の事を言います。これは化学反応であり避けられないため、電気的に腐食しやすい金属(亜鉛など)を取り付けておき、それが先に犠牲になってもらうことで、エンジンや金属配管などを守ります。これを犠牲金属(ジンク(亜鉛)アノード(電極))といい、日数の経過とともにどんどん小さくなっていきます。特に、電気的にバランスの悪い船体や海面ではどんどん溶けていってしまい、犠牲になってくれるものが無くなると、当然本来守られるべきエンジンなど溶け始めてしまいます。

船を買う

 船は艇体とエンジンが別売りということが多かったんですが、エンジンメーカーなどが手ごろなセットを作ってパッケージボートとして販売するものも多くなりました。新艇であればカタログを集めてみましょう。
 メーカーにカタログを請求すると、試乗会のご案内などのお知らせも届きます。具体的になってきたら、実物は必ず見ましょう。写真や雑誌の講評ではわからないこともたくさんあります。見る目があれば中古を購入する手段もありますが、自分は新艇を1艇買った経験しかありませんので、買う前に考えたメリット・デメリットはこんな感じです。

新艇 安心感がある。
買ったばかりは素の状態なので、追加装備が必要なら全部後付け。
中古艇 状態や整備の仕方次第ではあるがやっぱり不安感がある。素人には気づきづらい点も。
既に取付け済みのオプションが多数あるのはメリット。余計なものも?
やっぱり新艇よりは価格が安いが、整備に費用も?

 私が買った場所は、城ケ島のマリーナにて。マリーナの見学から始めてボートの見積もり・ボートローンの取扱い・保管料の見積もりなどいろいろ最初から相談に乗ってもらえて、保管場所で購入するのがメリットが多いように思います。

 主な国内メーカー ・ヤマハ発動機 ・スズキ ・日産マリーン ・ミヤマ造船 ・本田技研

ボート保険

 万一に備えてボート保険に加入しておくのが一般的になりました。保険に加入しないとマリーナと保管契約が結べない場合も多いようです。
 捜査救助費用保険や損害賠償保険・船体保険など、保険をかけるものによって保険料も変わってきますが、基本は自動車同様「対物・対人」だと思われます。自動車保険同様、車両保険に当たる船体保険が一般的に割高のようで、それを含まなければそれほど高額な保険料ではありません。
 マリーナで取り扱っている場合も多いと思いますので、案内チラシや見積もりをもらいましょう。

船舶検査

 船は船舶検査を受け船舶検査証書を載せていないと航行することはできません(極一部を除く)。この船舶検査を受けるためには、船がきちんと整備されているのはもちろん、法定備品も揃って積まれていなければなりません。法定備品込みで販売されているボートもありますが、なければ揃えましょう。いろいろ考えもあると思いますが、法定備品は最低限なので予備も含めて考えたほうが良いと思います。
 法定備品は船によって違いますし航行区域などによっても変わってきますので、正確なものはJCI日本小型船舶検査機構のホームページ等でご確認ください。
 ちなみに私が最初に揃えた備品はこのようなものです。法定より多めで予備も含んでいます。例えば、ロープ類は釣りでの実際の使用も考えかなり多め。また、補機(予備エンジン)は法定備品ではありませんが、船舶検査に影響を与えますので法定備品と同時に当初から注文しました。

<参考資料>

補助エンジン:ホンダBF9.9 補助エンジンブラケット
ライフジャケット TK-24Aチョッキタイプ 6着 救命浮環 P-155 1セット
ライフジャケット ヤマハAUTO ブルー 2着 信号紅炎 限沿2本セット×1
ライフジャケット ヤマハAUTO グレー 1着 黒球 膨張式ビニール×2
ライフジャケット ヤマハAUTO レッド  1着 消火用 布赤バケツ×1
ホイッスル レフリーTYPE×1 NC旗 一組セット×1
シーマーカー×1 レーダーリフレクター M‐2×1
ダンフォース・アンカー 7Kg 亜鉛メッキチェーン 8mm 3mセット×2本
フォールディング・アンカー 6Kg シャックル:メッキおたふく 10mm×2個
二爪錨アンカー(鉄亜鉛メッキ) 4Kg 三打アンカーロープセット16mm 50m×2本
もやいクロスロープセット16mmセット  ×2 ナイロン三打ロープ 16mm 100m
ナイロン三打ロープ 6mm 20m フェンダー 165×585mm 5個
ナイロンクロスロープ 8mm 10m 磁気コンパス 不二ロイヤル社製
ボートフック×1 電子ホーン

一般艤装

 法定備品以外に自分の使い方次第でその他の備品が欲しくなってきます。
 例えばGPSプロッター。自分の位置を人工衛星からの電波で知ることができます。最近のボートには必需品になりつつあります。
 また、釣り用途であれば様々なフィッシングツールも欲しくなるでしょう。
 いずれにしろ法定ではない備品については、最初に購入しなくても優先順位を決めて少しずつ充実させていくのも楽しみのひとつになると思います。
 カタログを眺めているだけでも時間を忘れてしまいます。

朋友丸搬入時の記録

進水

 様々な手続きを経て、ようやく迎える進水式は感無量。しかし、進水式というのは「何かをしなければならない」とか決まったものはありません。やるのであれば、それまでにお世話になった方へのお礼と安全祈願というところでしょうか?まったく何もしないという方から 家族・友人を招いて盛大にやる方までいろいろです。
 ともあれ、ここからが本当のスタートなので気を引き締めていきましょう! 

ボートショーに行ってみよう

 ボートがまだ自動車ほど一般的でないだけに、様々な情報が欲しいと思います。雑誌やインターネットでもかなりの情報が手に入りますが、関連企業が一同に会するボートショーに足を運んでみたらいかがでしょうか?
 免許の取り方はもちろん、マリーナ情報も、艤装品もそしてもちろん実物もたくさん展示されます。
 カタログを集めるだけでもOKです。詳しくは(一社)日本マリン事業協会のホームページをご覧ください。