8/4分ワカシ日誌

2001年8月 4日 Posted in 2001年

2001inada.jpg 今日は見た目良い凪だったが、東北地方に横たわる寒冷前線の南下が予想されるため、気持ち的には午前中勝負のつもりで空模様の変化を特に気にしながらの釣行となった。
 多少距離はあったが(といっても10数nm程度ですが)、この時期安定している湘南に向かった。しかし反応はあるものの、あっと言う間に消えてしまい、最初のうちは拾い釣りといった感じだった。反応を求めて烏帽子岩から江の島に「拾い釣り」で進むうち、ワカシ、大サバ等が安定して釣れる場所が見つかり、今日はここがメインの場所になった(30mダチで、タナは20m)。他に船がないところでの入れ食いはとても気分がいい。潮は北西方向にゆるやかに流れており、また風も弱く船も安定して流すことができた。何度か潮回りするうちにだいぶ釣れ、またカッタクリで疲れてきたとのこと、さらに天候も心配だったので、13:45現場海域を離脱し、マリーナへ向かった。
 帰港途中、佐島沖でカツオによると思われるナブラを発見したが、波の高い場所で時間もなかったので、今日はあきらめ通り過ぎた。
 湘南付近には、見づらい定置網が多く、十分な注意が必要と思われるが、凪であればワカシは安定して釣れるようだ。
 ワカシは解禁直後でまだ「カッタクリ」の腕慣らしの感が強いが、日に日にサイズアップし、イナダ級以上になれば、近場でも良い場所があるかもしれない。


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)