カワハギねらい

2001年11月25日 Posted in 2001年

 今日は中尾氏とカワハギ狙いで久しぶりの釣り。海に来れなかった間にあっという間に寒くなっちゃったなぁと思っていたら、日中は風さえ止んでぽかぽか陽気になった。ただ肝心の釣果は自分の知る限り、ここしばらくあまりよくない様子だったし、自分の船で狙うのも初めてだったので不安で一杯だったが、海に出られるだけでもいいゃというつもりで出港した。まず、朝一は島のすぐそばを狙うがアタリなし、餌のアサリも取られない。そこですぐ亀城根に移動し、ここで岩礁際の砂地を流すとぽつぽつと顔をみせた。結構、型のよいのもあがり竿をカンカン叩いていて面白そうだったが、残念ながらなかなか後が続かない。中尾氏曰くアタリはあるが針掛かりがいつもより結構むずかしいとの事。カワハギはそこがまた熱くなっておもしろいところではあるが、色々な釣法を試していたベテランだからやはり確かに喰いは悪い様子だった。13時頃までそこでやってその後は浮気してウロウロし何かの反応を見つけてはコマセ仕掛けをやってもらいながらのんびり戻って来た。
 今日は何にしても多少心配した天気も持ちこたえてくれて良い海だった。城ケ島からの帰りには遠く伊豆の山々に沈む鮮やかな夕陽や壮大な影富士までもが美しく遠望できまるで写真をみているようだった。

 追伸 高速湾岸線の全通は思った以上に恩恵があり、往復で家から20Kmも城ケ島が近くなりました。時間にしても、行きで10分程度、帰路では横横道路のいつも渋滞する箇所を全く通らないので30分以上短縮されました。これはラクチン。

主機稼動時間記録 累計55.5時間


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)