かわはぎ狙い

2001年12月23日 Posted in 2001年

 筒井氏中尾氏黒田氏と今シーズン最後の出船。一番安全と思ったカワハギねらい。朝のうち多少風があったものの昼近くから凪良くなった。
 まず亀城根20mダチで狙うもアタリもぽつりぽつり。本船と同じミヤマ製のボートの方(MFC241だったかな?)から「釣れてますぅ?」と声かけられるものの色良い返事できず。ミヤマの船はいすゞにKINGFISHER28としてOEM供給しているMVK28Kという漁船型のものに下浦沖でお見かけした時以来。さて釣りのほうは更に30mだちでもアタリなく、激しい根掛りとキタマクラ(誰が名付けたのかすごいネーミングだ)の攻撃により昼から城ケ島沖20mダチへ移動。多少追釣できただけで終わりました。当日の乗合船のコメントを引用すると前日のシケによる底荒れでポツリポツリとのことでした。
 しかし、風の強弱と潮流のバランスが難しく、乗合船なんかに比較しても船体の軽い当船はあっというまに変な方向に流されてしまい、四苦八苦の流しになりました。船体コントロールにはまだまだ勉強が必要です。
 楽しい一年も終わりですが、いろいろ課題も残しました。まだ難題ですが、経験や腕前も上がれば、マイボートを生かしてきっとそのうちゲストのリクエストにも臨機応変に応えることもできるようになるでしょう。船はしばらく冬季整備に入ります。また来春をお楽しみに。来年は自分も釣りして大物を釣るのが目標です。

カワハギ一人3~8で船中20尾未満でした。

主機稼働時間累計 61.0h


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)