日々勉強してます

2001年6月28日 Posted in 2001年

 海図屋さんにいきますと、いろんな海図が売られているわけですが、その中に航海に用いるものではないのですが「海底地形図」というのがあります。等深線が渦のようにたくさん書いてあって目が回りそうな海図なのですが、これをみていると飽きないのです。
 いろんな根の変化がわかるし、あぁこの辺なんかよさそうだなぁ(釣りするのにという意味ですが)。とか思うと、本当の海図と照らしあわせて緯度経度とか○○岬から磁方位何度とかメモしとくわけです。
 変な人かもしれませんが、海図見てると飽きません。今仕事が猛烈につまらなくて、早く帰ってこうして遊んでおります。
 しかし、城ケ島周りというのは、今まであまり意識したことがありませんでしたが、小物から超大物まで狙うのに実に多彩なポイントです。
 広い砂地があるかと思えば、岩礁帯も多く、また少し走った近場でも深さ1000m超の海底谷まであるわけで、これはいろいろな可能性をたくさん秘めているということではないでしょうか?


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)