ホーン交換

2009年8月 1日 Posted in 2009年

20090801.jpg 主機の冷却水の検水吐出がなんか弱々しくて気になる。出口から細い針金で突いても変わらず、とはいえオーバーヒートの様子も無いので、水を吸うのは問題なさそう。検水を吐出する配管のどこかにほんのちょっとした何かが詰まってる可能性アリ。
 でも、エンジン回したまま作業していてふと振り返ったらいつものようにジャー!っと勢い良く出ていました。
 配管の内側で結晶になっていた塩の固まりか何かが剥がれて流れ詰まっていたものが出ちゃったという感じでしょうか。人でいえば腎結石に似ているかもしれません。塩はやっかいです。少し様子を見ます。
 今日は鳴らなくなっていたホーンを取り替えました。これもおそらく塩の影響ですぐに鳴らなくなっちゃうんですが、やはり海は陸とは大違い。湿気は多いし塩の影響も大きい。