魚探の振動子つけ直し

2019年6月 1日 Posted in 2019年

20190601a.jpg20190601b.jpg

 ディスプレイの劣化によりプロッター・魚探の本体だけ買い替えたものの、魚探が正しく表示されなくなっていたのですが、振動子を取り外して直接海面に下げたところまったく正常でした。振動子が壊れていたらそれも買い直しになるところでしたのでホッとしました。
 それならと、インナーハルキットごと取り外して付け直してみました。
 進水してから18年の年月はシーリングも弱くなっていて、結構簡単に外れてしましたが、きれいにカスを取り除き綺麗にしてからインナーハルキットを再設置。クーラントが洩れないように念には念を入れてシーリング。
 乾くのに時間がかかるので、今日はここまでです。乾いたらクーラント入れて振動子を元通りにします。
 今日も汗だくになりました。


コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)